愛知県田原市にあるガソリンスタンド・プロパンガス販売と自動車整備・点検、パーツ・タイヤ交換・整備品販売のほかにも、地元田原の憩いの場として皆様に愛されている『田原の街のほっとステーション』です。

ブログ

最新のお知らせ


2018年6月24日 : バッテリーについて
今日は、車仲間と楽しいツーリング!
準備はOK、忘れ物もなし、さっそうと愛車に乗り込み

仲間ツーリング

さぁ、出発だ!!

あれ、エンジンが…。かからない??

バッテリーが上がっている!

そんな状態にならないために、日ごろから
バッテリーのメンテナンスをしっかり行っておきましょう!

でも、バッテリー上がりは、どんな原因でおこるのだろう?

そんなあなたの疑問にお答えしちゃいます!バッテリー上がりは、エンジンがかかってない状態で
たくさんの電気を使うと起こる現象です!

例えば、ヘッドライトや室内灯を消し忘れたり
エンジンのかかっていない状態で、
オーディオなどを長時間つかうなどです。

バッテリーはエンジンがかかってる状態では
オルタネーター(発電機)によって充電されています。

エンジンがかかっていない時の電気の使用は
放電だけの状態で、バッテリー上がりが起きてしまうというわけです。

他には、バッテリーの劣化でバッテリー上がりは、おきちゃいます。
発電がいくら電気を送っても蓄える側のバッテリーが劣化して
蓄える事ができない状態で上がるというわけです。

バッテリー上がりを起こさないために
引き起こす要素をあげてみました!
?バッテリー側の端子の緩み
?オルタネーター(発電機)の不良・発電不足
?暗電流が多い
?走行が少ない、走行距離が短い
?冷え込みによる電圧の低下
?長期間乗らないことによる自然放電
?バッテリー自体の寿命
?車両側配線の劣化によるリーク

こんなにバッテリー上がりの原因になる要素があるんですね!
気になる要素があれば、1度バッテリーを充電してみましょう。
1年未満や交換したばかりのバッテリーなら、充電することで復活することがありますよ。

※注意していきたいのは、1度上がったバッテリーは、
本来の性能をとりもどすことはないので、交換を考える必要があります。

2018年6月1日 : 6月のオススメ商品
さて5月はたくさんの方にエアコンフィルターを交換していただきありがとうございます。

そして6月に入り徐々に冷房をつける人が多くなると思いますが、夏頃に入ると必ず聞く言葉が「エアコンが効かない」
なぜこのようなことになるかといいますと、エアコンのオイル交換をしていないからです。
エンジンと同じでエアコンにもオイルがありそのままにしておくとコンプレッサーが壊れたり、エアコンの配管に穴が開きオイル、ガスが抜け冷えなくなってしまいます。
そしてお客様からはエアコンが壊れて「〇万円掛かったー」という声も聞いています。
そのため去年から大羽石油ではエアコンクリーニングの機械を購入し、多くのお客様にクリーニングしていただきました。
交換と言いましてもエンジンオイルみたいに頻繁に換えるものではなく
1年に一回と言われております。
そして気になる料金ですが    普通車¥9.720
ハイブリット車の添加剤もご用意しております。
高いと思った方、この中にはガスの補充、オイルの交換、さらに冷えを良くする添加剤も入っています。
自称、地域NO.1だと思われます。
逆に上記のプランで安い見積りがありましたら是非当店へお持ち下さい。


この夏も快適なカーライフのために一度お考えください。
2018年5月15日 : 5年経過のタイヤは要注意


皆さん運転をする際に『タイヤっていつ交換したっけ』と思い浮かべて下さい。
ちなみにタイヤの製造年の見方は?

このタイヤだと約4年経過していることになります。
タイヤもゴムの塊の為古くなると輪ゴムのように耐久性が無くなりパンクや最悪バーストしてタイヤが爆ぜてしまいます。
なのでぜひ自分のタイヤを一度確認して異常がないか点検してみてはいかがですか。

2018年5月1日 : 5月のオススメ商品
                  エアコンフィルター
よく家庭用のエアコンには自動掃除がついていますが、車にはそのような機能がなく1年に一回ペースで交換するのが目安と言われております。
ちなみにエアコンフィルターの機能としては、まず排ガス臭のカット
よくトラックの後ろにつくと目に見えるくらいの排ガスが出ていますよね。
その排ガス臭をエアコンフィルターがカットしてくれます。

それとこの時期から悩まされる花粉
空気中の花粉、カビ、ホコリ等もしっかりフィルターでブロックしてくれます。

そしてなぜ交換が1年に一回といいますと見た目はキレイそうに見えても目に見えないホコリ等が付着していて
エアコンの風量が弱くなったり、ホコリ等が詰まりすぎて少しずつフィルターから出てしまうのです。
ですのでフィルターは1年に一回交換して下さい


補足
ヘビースモーカーの方は半年でフィルターが真っ黒になってしまいますので注意して下さい。
2018年4月16日 : エンジンオイルについて②2
では、次はエンジンオイルってどんな作用があるか?


車の心臓、エンジンを影で支えているのがエンジンオイル
普段何気なく交換をしているエンジンオイルだけど、実際にどんな役割があるのかは意外と知らないものです。
エンジンオイルはエンジンがかかっている時、常にエンジン内を循環している。エンジンの役割を支えている縁の下の力持ちなのが、エンジンオイルです。だから、エンジンオイルが無ければエンジンが壊れてしまうし、汚れていればエンジンに負担をかけてしまうんのです。
そんな、"影の主役"エンジンオイルの役割は主に5つ。
1.潤滑作用

エンジン内部のたくさんの金属の部品を滑らかに動かす働き。
もしエンジンオイルがないと、金属と金属の摩擦ですぐにエンジンが壊れてしまいます。


2.密封作用
エンジン内の気密を保ち、エンジン内部(ピストン)の爆発で作られた力の吹き抜けを防ぐ役割。
エンジンオイルがあって初めてエンジンの力が発揮されます。

3.冷却作用
エンジンはとても高温になるんです。
エンジンオイルはエンジンから発生した熱を吸収して必要以上の加熱を防いでいます。

4.洗浄作用

エンジン内部に付着する汚れや金属のカスを洗い落として、エンジン内部をクリーンに保ちます。だからエンジンオイルは使用すると、汚れて黒くなっていまうのです。


5.防錆作用

金属の表面に膜を作り、水分等が直接触れないようにして、エンジン内部にサビが発生するのを防いでいるのです。


このようにエンジンオイルは見えないところで、重要な役割を担っています。

じゃあ交換時期はどのくらいのスパンというと


エンジンオイル交換の目安3,000~5,000Km又は3~6ヶ月毎
エンジンオイルは使えば使うほど汚れるし、性能も劣化していきます。
運転していて余り気がつかないけど、燃費が悪くなったり、エンジンの力が十分に発揮できなくなったり、、エンジン音がうるさくなったりと確実にエンジンに負担をかけているのです。
だから定期的なエンジンオイルの交換が車を長持ちさせるコツなのです。

もし今どの状態か分からない方は一度当店で無料点検してはいかがでしょうか(^^)/